大阪ではマニア向けの、一般的には異色となる女装風俗店がある

サイトマップ

wearing female clothing

女装に興味がある男子は何者か

微笑む女性

世間では誤解されがちですが女装イコール女性になりたかった男性、同性である男性しか恋愛対象にならない人というのは間違いです。トランスジェンダーやドラァグ・クィーン、女装フェチなど女装する理由は様々でもちろん性的嗜好による理由から女装を行っている方もいますが全員がそうではありません。
区別の方法のひとつとして本人がどう扱われたいかが挙げられます。例えば精神が女性の方の場合、女装と一口に言うことは出来ません。恋愛対象が女性でありつつも女性物の衣服や化粧を愛好する方は女装と言えるでしょう。また日頃からメイクやスキンケアを行っていてもそれが女性的に自分を見せるための行為ではないのなら女装ではないのです。またメンズスカートを着用している男性も女性らしさを求めての服装でない限り女装ではありません。
日本では女装の文化は少なくとも平安時代には既にありました。江戸時代には歌舞伎の女形などから大衆にも広く周知されていた事は有名です。最近では女装を嗜む男性を女装娘(じょそこ)と言ったり、可愛らしい容姿の女性にしか見えない女装した男性を男の娘(おとこのこ)と呼称したりする事もあります。女装男子というよび方も定着してきています。
ここ数年は通販でもサイズの大きな女性物の可愛い服や靴、下着が購入できるようになったり女装用品専門店も増えたので女装してみたい男性には好ましい状況と言えます。

Copyright © 2016 大阪ではマニア向けの、一般的には異色となる女装風俗店がある All Rights Reserved.